そんなに急いでどちらまで?、、、Dove vai cosÌ in fretta?

(旧もうメタボだなんて呼ばせない!)メタボの自転車でのダイエット日記でしたが、目的がダイエットというか速く走りたいに変わってきて、、、カメラ楽しいです

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

こんばんは。came3です。

伊豆大島に行ってる間に東京は一気に桜咲きましたね~。
朝は外堀の桜が綺麗でした。

さて、この週末の伊豆大島旅行のこと。
結構長くなりそうなのでご了承をm(__)m

金曜は旅行の荷物を持ったまま会社に出勤。
急な仕事が入らないかそわそわしながらなんとか定時で退勤。
ちょっと早かったのですが、東海汽船のフェリー乗り場の様子を忘れてしまっていたので(昔は式根島とか小笠原なんかにも行ったものです)早めに行動。
飯田橋から竹芝まではあっという間。
19時前に着いてしまいました。フェリー乗り場は相変わらずで、特に変化なし。
それを確認したら、近くに中華料理屋さんが出来てたのでそこでビールなど飲みつつ兄を待つことに。約束してたのは20時半だったのですが、家にいたようなので呼び出し^_^;
中華料理を食べつつルートなどを確認。
どうもこの兄大島をなめてるっぽい。
ALPSLABで調べたところ、島自体が一個の山みたいな島で、坂が多いです。
わたくしも山はほぼ初心者ですが、何個か峠の経験も積んできてるんでなんとかいけるかな?
ってかんじなんですが、兄貴と来たら山方面は行ったことが無く、もちろん峠経験ゼロ。
兄貴の自転車は小径車なのですが、平地巡航を考えてデュラの56T-44Tのでかいチェーンリングに後ろのカセットも23T-11Tのもろ高速使用。なんだか楽しく登れるという本の情報真に受けてるみたいで気楽な感じ。どうなっても知らんぞ~!こういう旅行本って、あまりきついとは書いてないんですね~。
一応コレを見せてみたのですが、おぉ~とか言ってるだけで、イマイチぴんと来てない模様。しかもこの旅がビンディングデビュー。

P4032008.jpg

まぁそうこうしてるうちに乗船時間も近づいてきたので早めに乗り場に移動。

P4032006.jpg

まずは手荷物として自転車を預けます。
裸のままだと1,430円、輪行袋に入れて手荷物で持ち込む場合は500円です。
今回はそのまま預けました。

21時40分乗船開始。椿まつりも終わってハイシーズンじゃないのに結構いっぱいの人でした。
今回ホントならジェットホイルで行くはずだったのですが、予約だいっぱいで大型客船の方になってしまいました。しかも2等に空きはなく1等客室。
ちょっと期待してたのですが、なんのことはない雑魚寝状態。
スペースは結構広く使えますが、プライバシーは確保できず。

まぁそんな状態なので軽食コーナーに移動。

P4032019.jpg

そして乾杯!

P4032021.jpg

ちょっと実験。

P4032022.jpg

湾内だとGPS生きてました。
湾外は寝てたので分かりませんが…。
ココで結構酔っぱらってAM:12:00就寝。

5時には二日酔い状態で何とか起きて朝日を撮ってみた。

P4042027.jpg

綺麗な朝日を眺めつつ程なく大島岡田港に到着。

P4042029.jpg

上陸。自転車は無造作に置いてありました。

P4042031.jpg

この島には大きな港が2港あって、波とかの関係で着く港が変わります。
元町港か岡田港です。この日は東側の岡田港に着きました。

ホントは港で朝飯買って行こうと思ってたのですが(タバコも)二人とも走りたくてしかたなく、そのまま出発。コレが大失敗になることに…

走り出すといきなり坂^_^;

P4042032.jpg


このトンネルは自転車通行不可。迂回させられます。
この迂回路が結構きつい。大島一周道路にでます。
いきなり高度350メートル近くまで登ります。初めはウヒョーッ!!とか言いながら追い越していった兄ですが、
途中から無言に^_^;

P4042033.jpg

これはきついな。と言っております。
だから言ったでしょと(-。-;)まだ高度120メートルぐらいですぜ。
しかし無理は禁物。大島公園動物園の前で休憩。

P4042034.jpg

こんな道が続きます。

P4042035.jpg

そこまで厳しい斜度ではないのですが、平坦な場所が少なくてきついです。
しかし気持ちの良い天気でした!!
車も通らないし、聞こえてくるのはウグイスとか猿とかキョンの鳴き声のみ。
道路の舗装も綺麗で凄く走りやすかった!
ずっと坂なことを除いては^_^;

P4042036.jpg

島のあちこちで見ることが出来る溶岩の流れた後。
凄い規模の噴火だったことが分かります。

P4042038.jpg

ちょっと分かりづらいですが溶岩の流れた後です。初め川かと思ったのですが水は流れてませんでした。さあいよいよピークを迎えたので、後は下るだけと思ったとき、二人ともタバコ切れ。
そして、空腹もピークに。
地図を見るとふるさと村なるキャンプ場がある模様。
ちょっと寄り道。(コレがちょっとではなくなる羽目に(>_<))
脇道には行って一気に下ります。どこまでも下っていきます。
ん?コレ下り過ぎじゃないか?
と思うも引き返す気にならず。どうも海まで出てしまった模様。
上を見渡すと…

P4042037.jpg

どうやら登った山を一気に下ってしまった模様。しかしこの時点では深く考えておらず、とりあえずキャンプ場の管理等でタバコを購入。食堂はまだ早いらしくやってなかったのでまだ我慢。
取り合えず一服して海に出てみることに。

P4042039.jpg

行者浜です。浜と言っても海水浴できるような浜ではありません。
溶岩がゴロゴロです。波もかなり高いです。
さて自転車に戻って標識に従って一周道路ってかいてある方に走っていくとぐるっと回ってさっき下ってきた道に戻りました。ただロータリーみたいに回っただけで別に道がある訳じゃなかった(>_<)
仕方ないので引き返すことに。がっくし。

しかしこの道結構勾配きつい。下ったときはあまり気にしてなかったんですが…

P4042041.jpg

12%…

P4042042.jpg

11%……
ずっとこんな調子でつづら折れが続き居ます。
かなりきつい。写真を撮りながら兄が来るのを待ちます。
が、なかなか来ない。自転車押して上がってきました。
確かに初の登坂でこれは無いな~。
待っててもアレなんで先に行けと。
なので、一気に登り切りました。

P4042043.jpg

しばらくして登山客の方が^_^;いやいや兄でございます。歩いて登ってきました。

P4042044.jpg

いや~ここはきつかったです。
ココからは緩いアップダウンが続きます。
体力も回復し、景色を見る余裕が出てきました。

大島桜。

P4042045.jpg

花の色がしろっぽく、ソメイヨシノより咲く時期が早いのか、もう散り始めてます。

そしてまた溶岩。

P4042046.jpg

コレは火山灰よけらしいです。

P4042048.jpg

さっきまで死んでたくせに復活してアホな事してます(__;)

そして一気に下って波浮港の見晴台に到着。

P4042051.jpg

やっとお店があった~!午前10時遅い朝食です。

P4042052.jpg

朝からラーメン^_^;あおさラーメンです。
兄はあおさそば。
腹が減ってたので無茶苦茶旨かった~!
無言で完食。
このお店のおじさん話し好きで色々な話を教えてくれました。

お店を後にして、波浮港に下りてみます。
ココは伊豆の踊子ゆかりの地らしいです。
街並みもレトロ。

P4042053.jpg

というかちょっと中途半端だな~。
P4042054.jpg

この階段を上がると。

P4042055.jpg


昔の旅館がそのまま資料館になってます。

中は無人で入ると自動で音声案内が入ります。
が……






P4042058.jpg

ひ、人がぁ~~~~。


いやお分かりの通り人形です。館内至る所にあってちょっと怖いです。
写真カラーだと余計不気味なのでちょっと色を落としました。

で、仕掛けで動くヤツも。

P4042061.jpg

だから怖いって(^0^;)動いております。

町を一回りして、港のなかへ。

P4042066.jpg

銅像の鵜を撮ってみたり。

P4042067.jpg

ここで小一時間昼寝(朝寝?)

だいぶ復活して腹も減ってきたので調べておいた寿司屋さんへ。
西川寿司というレトロなたたずまいの寿司やさんで特上を食べちゃいました^_^;

P4042072.jpg

うまかったけど、江戸前寿司だった。島寿司にすれば良かったか?
まぁうまかったから良し。

さて、後半戦開始。

波浮港を出て一周道路を走ります。
ココからはたいした登りもなく快調に飛ばします。
とはいえ、兄のペースにあわせて若干遅め。

ちょっと坂があると離れてしまうのでちょっと待ってたりそんなこんなで活断層に到着!
大迫力です!写真だと伝わりにくいぐらい長く続いてます。

P4042074.jpg

P4042076.jpg

P4042075.jpg

いや~すげ~。地球って生きてんだな。
なんて思いつつ走ってると元町港に着いてしまいました。
坂がないので一気に距離稼ぎました。
時間に余裕があったので、元町港の無料の足湯で休憩。

P4042077.jpg

さてこの先から大島一周道路から三原山登山道路に入ります。
目指すは三原山で一番上にある宿三原山温泉ホテルです。
登山道路って言うぐらいなので、ずっと登ります。ずっとです。
なのでココから極端に写真が減ります。
一生懸命登ってたもので^_^;
高度500メートルを一気に登ります。兄のペースもあるのでゆっくりのぼっていきます。
最高11%平均6%ぐらいなのでゆっくりならなんてことはないのですが、人とペースあわせるのって結構難しい。ゆっくり過ぎてもなんだか疲れちゃうんですよね。
結局途中で兄貴を置き去りにして途中で待つことに。

P4042078.jpg

途中休憩を挟みながら進みます。
ある程度は一緒に走れるんですが途中から遅れていく兄。
まぁ初めての坂登なので仕方ないですね~。
仕方ないので途中でまた待って写真をパチリ。

P4042079.jpg

天気も良く最高の景色です。
下に広がってるのは樹海です。淡いピンクのところはさくらです。
今回椿は残念ながらあまり見ることが出来ませんでした。
もうシーズンは終わってるみたいです。
さて眺望も開けてきました。そろそろ目的地が近そうです。
さきにホテルの入り口の曲がり角で待つこと10分。
兄貴が自転車押して何とか上がってきました。
やっと到着~~!!

P4042081.jpg

三原山大島温泉ホテルです。外観は結構古いです。
国民宿舎みたいなたたずまい。

部屋も古い感じなんですか、眺めは最高!!

P4042082.jpg

着いてからガスってきたので写真はイマイチですが。
風の状況で青空も見えました。
露天風呂に入ったのですが、これと同じ眺めが見られます。
露天風呂は最高に気持ちよかったです。

さて風呂も上がって一休みして夕飯を食べに食堂へ!
無茶苦茶腹減ってたので全部食べ尽くしました。
色々刺身何かあるんですがアシタバの天ぷらが一番旨かったです!

P4042083.jpg

そしてビールの旨いこと!
そうして夜は更けていくのでした。

すみません。今回は続きます。

ちなみにこの日のルートはこちら

ついでに朝の無駄なダウンヒルとヒルクライムはここです。

ピクチャ 4


この日の記録
走行時間:3:49'33
走行距離:53.72
平均速度:14.0
最高速度:56.5



↓励みになります。ポチッとお願いします。


↓励みになります。ポチッとお願いします。


スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

Re: 無事帰ってきました。大島一周、思ったよりきつかった~!1日目

やはり良いところですね~羨ましい^^
あ、坂以外ですけどね・・・(爆)

お兄さんのモールトンも渋くて格好いいっすv(^^)v
(火山灰よけのシーン以外は・・・爆)

この状況下でしたら、朝食べるラーメンも美味しかったでしょう(笑)
自転車って、美味しいものを食べるために漕いでる感ってありますよね^^

マシンガン #mQop/nM. | URL | 2009/04/06 20:29 * edit *

マシンガンさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

大島良いとこでした。
やっぱり自転者っッ食べるたまに乗ってるような気がしますf^_^;)
モートンのりの兄貴は結構へばってました。
坂に慣れてないと回り切れないコースだと思います。

came3 #- | URL | 2009/04/06 22:13 * edit *

Re: 無事帰ってきました。大島一周、思ったよりきつかった~!1日目

こんばんは!

天気が良くて良かったですね。
大島って意外ときつそうですね~

でも気持ちよさそうです。
しかも頑張ったあとにご褒美のビールを飲むって最高ですよね。

それにしても活断層って迫力ありますね。
写真だとバームクーヘンみたいですが生で見ると凄いんだろうな~

さと #- | URL | 2009/04/10 00:19 * edit *

さとさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

ビールもご飯も美味しくて最高でした!
写真だとなかなか難しいんですが、活断層凄かったです(^^)/

結構きつかったですがまた行きたいな~。

came3 #- | URL | 2009/04/10 10:33 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://came333.blog4.fc2.com/tb.php/195-e5c9c46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。