そんなに急いでどちらまで?、、、Dove vai cosÌ in fretta?

(旧もうメタボだなんて呼ばせない!)メタボの自転車でのダイエット日記でしたが、目的がダイエットというか速く走りたいに変わってきて、、、カメラ楽しいです

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

松姫峠に登ってみた。今川峠のおまけ付き、、、 

2010/09/27
Mon. 14:57

こんにちは、came3です。
今日は朝から雨、、、
せっかくの夏休みが、、、
もう夏じゃないけどやっと休めたのに、、、
瀬田の温泉でも行こうかと思ってたんだけど、外に出る気がしないので日記でも。

昨日は朝から良い天気だし、次の日も休みだし、体調も良いし、
6時半に家を出る。

IMGP0545.jpg


まだ月が、、、そして不気味な黒点。レンズにゴミが入ったのか?すっごい気になったけど取りあえず出発。

実は出た時点で候補は2カ所あった。
取りあえず多摩サイへ!
でも中は走らず、川崎側の多摩川沿岸道路を進む。
なんで多摩サイ入らないかって、朝から人多すぎでとてもじゃないけど飛ばせない。
沿岸道路で多摩水道橋まで。
ここを渡って今度は狛江の多摩サイ脇の道を走る。
どうせこの区間道悪いしとか思いながら府中越えてもずっと一般道走ってた。信号と途中グネグネしないと行けないのがうざいけどね。
でも是政橋過ぎてから一般道が全く分からないので、いつも多摩サイ走る時みたいに一般道右折→左折→突き当たり左折吊り橋渡って支流の道から多摩サイに入った。
この辺まで来ると人も少ない。

IMGP0549.jpg


良い天気だな~。秋って良いな~。
風もないしベストコンディション。
こっから一気に端折ってw
福生の公園で一般道へ出る。
旧奥多摩街道かな?
そのまま東青梅まで。
ここで行き先を決定しなければ、、、
右折すれば成木街道~吹上峠~名栗方面。
真っ直ぐで奥多摩方面。
この時点でまだ9時だったので直進決定。
いつもの青梅街道をひたすら走る。
すると、後ろに人の気配が、、、坂がきつくなると遠ざかっていく「ギコギコ」というか「カラカラ」という独特の走行音。
やっぱりピストだった。この前から競輪選手に遭遇することが多いんですがこの日も3人見ました。
しかしずっと坂ですよ。すごいな~とか思ってたら思い切りちぎられました、、、、
今回は時間に余裕があったので色々寄り道。
トンネル脇の側道に入ってみた。

IMGP0556.jpg


朝なのに夜のような雰囲気。
奥多摩のトンネル地帯ですが、最初の3~4つは側道で逃げられることが判明。

IMGP0558.jpg


こんなダムに下りられたり。左側の階段みたいなのが魚道ってヤツです。
トンネル避けたらトンネルだったりww

IMGP0564.jpg


真ん中辺に蜂の巣が、、、こえ~逃げる!
そいでトンネル避けるついでに「むかし道」へ

IMGP0566.jpg


ロードじゃ無理!!

IMGP0569.jpg


結局いつもの道で奥多摩湖まで。まだ昼には早いのでカロリーメイトだけ食って先に進む。ここから先はまだ考えてなかったけど周遊も鶴も飽きてきたので真っ直ぐ進んでしまった。
411号は山の中の割に道が広い。その代わり多摩川は細くなっていく。もう思いっきり山の中。

IMGP0570.jpg


山梨に入ってちょっと行ったところのキャンプ場、、、

IMGP0571.jpg


これで川底まで下りろと、、、、

IMGP0573.jpg


怖すぎる。しかも操作は川底側オンリーww
そんなこんなでやっと昼飯。
道の駅って初めてだ。

IMGP0575.jpg


肉うどん。

IMGP0579.jpg


麺は冷凍だけどなかなか美味い!
この先から坂地獄が始まります。
全く予想してなかった今川峠(っていうらしい)。
きついの何のって、、、斜度が半端無い。ピークに何もないから達成感ゼロ。ちょっと下ってから小菅に出てすぐまた登って松姫峠を目指す。暗いよ。暗すぎる。道悪すぎる。もう峠飽きた。
俺さっきから上がったり下ったり何やってんだ?ってきぶん。
でもたまに見晴らしが良くなって救われる。

IMGP0581.jpg


もう這い蹲りながらなんとか頂上。

IMGP0583.jpg

IMGP0585.jpg


真っ暗ww雨も降ってきた。気温12度とか、、、
体が冷える前に下ります。道悪い。落石多い。がたがたで手がしびれる。初めてで道分からん。
さっき上で挨拶した集団に抜かれた。えらい速い。ついて行けませんw


、、、、、





え~っと、この先雨のためカメラはジプロックに中へ。
寒くて泣きそうだし余裕無し。実は猿に遭遇したり、狸が死んでたりネタ満載だったのに、、、もう写真ありませんw
大月まで下って20号に出る。20号は地味にアップダウンがあって疲れる。何組も自転車の集団に合う。
相模湖手前から某なるしまジャージだらけになった。
最初遭遇したなるしま集団は信号守らない、併走する、で最悪だった。
でコンビニ寄ったらパラソルの下になるしまジャージ軍団が、、、
車で来てる家族の子供に
「また自転車やってるのきた~~!」っていわれるしw
早々と退散。最後の峠、大垂水を目指します。
前も後ろも居ないしゆっくり、、、、
「こんにちわ~」「こんにちわ」「こんちわ」「失礼しました~」
って、さっきのなるしまジャージに抜かれたww
男女6人編成。年も顔も分からないけど女の人に挨拶されるとうれしいモンだ。最初の集団と違ってマナー良いし。
が、抜いていってすぐ失速とはこれいかに。
超スローペースで登る。
もう前と車輪当たりそうで、といって坂で6人分抜かすのきつい。
途中で車来たらいやだし、、、とか考えてたらさらにペース落ちる。これはもう無理!一気に前に出る。
「前でま~す!」
「は~い」
みたいな。
それからもう自分のペースで登った。
あれだけ峠登ってヘロヘロだったけど大垂水ぐらいは余裕な感じがしてっちょっとうれしい。この辺りは雨やんでた。
そして八王子まで下る。
八王子、、、、
昔住んでたから分かっちゃいるんだけど、ここは山以上に異常気象地帯w雨本降りになってきた~。
途中コンビニに避難。ちょっと緩くなったスキに出発!
一気に日野バイパスまでって、おい!
雨やんどるがな。八王子恐るべし。ちなみに渋谷も異常気象地帯です。都内の人は気をつけましょう!

ここから多摩サイ脇道で多摩川原橋まで。
右折して府中街道から246に入ったところで土砂降りに、、、
ちょっとの距離なのでそのまま帰宅。

あ、カメラの黒点いつの間にか消えてました。
よかた!

久々にサイコンの記録
走行時間:10:22'26
走行距離:221.36
平均速度:21.3
最高速度:60.9

ルートはこちら

スポンサーサイト

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

ども!お久しぶりです。
221kmですか!走りましたね~
ゴンドラみたいなやつに乗ったんですか?
すげー怖そうww

5枚目の写真のトンネルが素敵ですね!

さと #- | URL | 2010/10/01 08:34 * edit *

さとさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

5枚目の写真のトンネル真ん中にでかい蜂の巣があって黒ずくめの格好だったので速攻逃げ去りましたw
ゴンドラはキャンプする人専用です。一般お人乗れたらちょっと面白いけど、、、

came3 #- | URL | 2010/10/01 11:13 * edit *

こんにちわ。
日本の3選手健闘で、それよりも完走できたこと
まるで監督のようにほっとしております。
ところが私の心配をよそに、新城選手は9位になり、
FumyBeppu選手は30位、土井選手は72位
3人ともすごくいい成績でたいしたものです!
これは快挙で他国の代表選手というと
それはもう世界的なアスリートですから半端ではありません。
その中でこの成績ですもん、驚くほかなく、
みなで唖然としてしまいました。
ほんとによかったよかった。
コメントありがとうございました。
感謝しております。
また温泉に行かれることがありましたら、
効能など教えて頂きたいと思っております!
ではまた。お元気で。

エオマイヤ #- | URL | 2010/10/04 08:19 * edit *

エオマイヤさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

いや~日本の三選手頑張りました!
しかしJスポ加入したにもかかわらず、走りに行ってて放送見逃した愚か者ですw
東京以外の人はあまり知らない人多いですが、東京には町中に温泉が点在しております。
普通の硫黄泉と違ってお湯が黒く無臭で、しょっぱいのが特長です。
これは昔の海水の層から汲み上げてるので海草の成分とかが多いらしく、肌がつるつるになりますよ。

came3 #- | URL | 2010/10/04 10:40 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://came333.blog4.fc2.com/tb.php/276-5b43227b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。