そんなに急いでどちらまで?、、、Dove vai cosÌ in fretta?

(旧もうメタボだなんて呼ばせない!)メタボの自転車でのダイエット日記でしたが、目的がダイエットというか速く走りたいに変わってきて、、、カメラ楽しいです

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

42.195km完走! 

2015/03/16
Mon. 19:49

IMG_7247.jpg

やったね!何とか走りきった。
長かったよ。エントリー決まってからの5ヶ月間。
血のにじむような練習に耐え。
過酷な減量によって体調を崩し。










すみません。嘘です!w
いやーでも長かった。

レースに出ることが決まった当初は10kmぐらいだとペースあげて走れるようになってた。
キロ4分半から5分半ぐらいで。
このときはまだ「完走すればいいや」「タイムなんて足切りに引っかからなきゃいい」ぐらいの感じで、
周りのラン仲間(ほぼ呑み仲間)のキロ○○分で行けば○時間ぐらいなどと言う会話にはついて行けなかった。
途中マスターズ水泳の大会にエントリーしたこともあって走れない時期もあった。
水泳が入ってきたことによってラン、バイク、スイムのバランス取りが難しくなってた。
なので、マラソン終わるまでは通勤以外の自転車はすべてやめることにした。
自分の在籍している水泳チームは練習も結構本気だけど、飲みが本気w&回数が多い。
ので体重はどっちかって言うと増加気味。
しかし水泳やってる人の中にはトライアスロンとかマラソン経験者が多く、
飲み会もかなり有意義なものだった。
しかし経験者の話を聞くにつれ段々タイムという物が気になり始める。
気になり始めるともう止まらない。自分なりの目標タイムを設定した。
取りあえず5時間を切る。サブフォーってやつを目指すことにした。飲み会で一緒になった女性はフルマラソン3時間02分って言う強者でかなり刺激になった。(余計な刺激を。。。)
そんなこんなで、ある時からいきなりスイッチが入って休みの日には港北NTを一周するコース(20km)を
コンスタントに走るようになる。時間も計りながらキロ6分以下で走れるように。
これが去年の年末あたりか?ここまでは調子よかった。
周りからは「まだそんな走らなくて良いよ」などと言われてた。
しかし、何せ調子よく走れる物だから調子になってしまった。
10kmだと52-3分、20kmだと1時間55分ぐらいで走れるようになり、どうしても30km走りたくなった。
そして一回目の30km走をあっけなく成功させてしまった。
タイムも3時間ぴったりぐらい。
これは行けると思ってしまったんですよ。
ええ。
目標タイムを4時間半にあげてしまった。周りにおだてられたのもある。
そして年明けから少し練習ができなくって焦ったのと前回の30km走をあっけなく終わらせてしまったので欲が出て、
年明けからもう一回30km走。平日も走れるときは5-10km走るようになる。
このあたりからすこーしだけど内くるぶしの下に違和感が出始める。

筋肉痛みたいなもので1日休めば何でも無い感じだったんで放っておいたんですよ。
それからまた10km走を繰り返し、もう行けると思っちゃったんですよね42.195km。
そいでとある日曜になんと40km走に挑戦!






見事撃沈。。。。
25kmぐらいで1回すごく体が重く感じたんです。あとくるぶしに痛みが出始めた。
それもしかとしてるといつの間にか消えて30kmまでは普通に走れてた。。

が、

これが30kmの壁か?
30km超えたあたりから日が沈み始めて急激に気温が下がる。
風も出始める。そして襲ってくる空腹感。
思い返せばハンガーノックにもなってた気がする。
31kmぐらいからくるぶしの下の痛みが再発。
だましだまし走るも、今度はのどの渇きに耐えられなくなった。
河川敷走ってたんだけど1回一般道におりて走りながら自販機を探しまくって何とか発見。
高カロリーそうなドリンクを一気に飲む。そして走り出そうとしたんだけどもどうにも走れない。
足があがらないのとくるぶしの下の痛みがひどくなってた。
これはまずい。歩くのさえままならなく。体はどんどん冷えてくる。
こんな時に限ってコンビニがない。早歩きさえできれば体も温まるから歩いてでも帰れたんですが、
もう早歩きもできない。痛みが出た時点でやめるべきだった。
初めてのリタイヤ。iPhoneで地図を確認。不幸中の幸いで二子新地のすぐ近くにいた。
トイレ入ったら顔中塩だらけw頭ボサボサ。まぁひどい状態だった。
顔洗って何とか体裁を整えて電車で帰宅。アイシングしても痛みを牽かず少し腫れてた。

これからが足の痛みとの闘い。もう1月も半ば頃だったと思う。
10kmぐらいじゃ痛みは出ないんだけど、それ超えるとすぐ痛みが出る。
整骨院で見てもらったら足の裏のアーチが少ない扁平足気味(゜´Д`゜)
アーチが低いので体重が直接くるぶしにかかることで炎症が出てると。
あと、走り方が母子球に体重がかからず小指側に力が抜けてるのも原因だと。
アーチを少しでも作るために、普段から母子球に体重かける訓練をしろと。。。
かなり走り方の根本的なところから改善しないと行けない状態。あと2ヶ月あせる。

整骨院行って2-3日でほぼ痛みを消えたんだけど患部を直接推すとまだ痛い。
完全休養を強いられる。焦りまくる。
クロストレーニングで自転車増やしても走る感覚と全く違うからあまり練習にならない気がしてた。
あとは泳いでみたり。水中ウォーキングしてみたり。
何だかんだで一週間後には痛みが消えて整骨院の先生もテーピングして走りながら様子見ましょうと。
で、その週末20km走ってみたが痛みは気のせいぐらいにしか出なかった。
しかし、その週平日に軽くスロ−ジョグしたらまた再発(゜´Д`゜)だめだ。
また完全休養1週間。
ラスト一ヶ月を切ったところでこれ。もう一回はロングをしておきたい。だいぶ焦ってきてましたね。
周りから見てたらもう十分ぐらい走ってたみたいですが、
初心者にありがちなオーバーワーク。

そのあと痛みは完全にひいたので25km走をしてみる。
痛みは出ないんだけどペースがた落ち。
2週間前には5km走を週二回。
1週間前にはスロージョグ30分やスロージョグ10分+レーススピード&ウインドスプリント+スロージョグ10分など軽めの調整。そしてなんと一週間禁酒!このオレが禁酒!?
前日は8km程のウォーキングで最終調整。

自分的には練習不足。一回はフル走っておきたかった。
周りのラン仲間からはそんなのやらなくて良いって言われたけど。。。

そして3月15日。フルマラソン当日。
天気は曇り。予報では暖かくなるはずが朝は寒い。
事前に教えてもらってたコンビニの雨合羽がもの凄い防寒効果。
これ知らなかったら寒さにやられてた。助かった!Iさん、Yさん。
スタート位置は最後尾のG組。エントリータイム分からなかったから6時間にしてしまって失敗。
スタートの号砲が分からないぐらいスタート位置から遠い(゜´Д`゜)
「え?スタートしたの?」ってかんじで全く動かない。
結局だらだら歩いてスター路地点にたどり着いたのが22分後(・∀・)
そこからやっと走り出す。最初の遅れを取り戻そうと結構飛ばす。
けど、すぐ渋滞。。。ここで雨合羽を捨てる。すぐ暑くなったので。
2km過ぎにようやく普通のペースで走れるようになった。
パシフィコ横浜から海沿いに南下していくコース。
スタートから山下公園あたりはもの凄い人出。

給水はそこら中にあるので水分は十分。
トイレは少し並んでたけどこんなものなのか?
しかしスタートからすぐ空腹感が。。。固形物が食べたい。
10km地点でメダリストのアミノ酸顆粒を水で飲み干す。
これがくせ者でのどに詰まる(゜´Д`゜)
水を大量消費。
補給ポイントでは横浜の名物がずらりと。。。。

ずらりと。。。。。


ない

ないんですよ。肉まんとか焼売とかサーターアンダーギーとか。。。
まぁスタートが最後尾の方なんで仕方が無い。。。のか。。。
仕方が無いのでバナナ(台湾?)とかイチゴ(栃木)あんパン(全国共通)など全く横浜らしくない物を補給。
あんパンなんか2個食ってやった。
20kmまでは順調。またアミノ酸顆粒とメダリストのパワージェル的なものを補給。
これがクソ甘くてまずいんだけどうまい。意味分からないでしょうが。
甘い物が美味いんですよ何でも。でも普段だったら絶対にたべない味。

さて折り返し。

ここから首都高速にあがります。普段走れないのでちょっと期待してたんですが、
これがきつい。。。まずランプの坂。そして長い直線に微妙なアップダウンと結構怖い道路の継ぎ目。
沿道の応援はボランティアのみ。
サイドは防音壁で視界は悪いし。景色が見えたと思ったら工場(゜´Д`゜)
まぁ高速道路をあんな大人数が走っていく様は壮観ではあったけど。
やめてアップダウン。。。
このとき痛感したんですが沿道の応援はもの凄い力になるってこと。
走ってみるまでは全然分からなかったけどあの声援があるのと無いのじゃ全く気分が違う。
背中を押されてる感覚というか。
あと見られてるのでサボれない(^_^)ってのもある。
始め赤の他人とハイタッチとか恥ずかしくてできなかったけど、終盤普通にやってた。あれは力になる。

で、そんな応援のない高速区間を延々と走り、31kmで最後の登り。
歩き出す人多数。
自分は普段走ってるコースが最後結構な登りを含んでいるので、
意外とスルスル登れたんだけど。坂に耐性のない人にはきついね。
それと坂で歩いちゃうとなかなか走り出せなくなるの分かってるからなんとか走った。

この辺の給水は全部取りまくり。おにぎりもあったな。
最後のアミノ酸顆粒摂り忘れ。35kmぐらいで思い出して飲む。ゴフッヽ(゜Д゜)ノのみづれー!!

30km走の教訓を活かして補給はこまめに多すぎるぐらい摂った。
これは成功だったと思う。足はつらなかったし。空腹感もなかった。

35km過ぎまで懸念してた足の痛みも出ず。少しほっとしてた。
というか高速の途中で一回気持ちが折れそうになったけど高速降りてからはペースが上げられた。
思えば今回は30kmの壁みたいな物は感じなかった。あったとすれば高速上の27km地点か?
あとでタイム見たらこの辺でキロ7分かかってるとこがあった。
でも壁って感じじゃなくちょっときつい向かい風ぐらいの感じ。

高速降りてからは沿道の応援に助けられながら良いペースで走れた。
32km-37kmぐらいの区間は国道から外れて海の方に入り込んで往復するようなコース。
ここも走っててちょっと嫌な感じ。向かい側の沿道からあと5km!!とか聞こえてくるのにこっちはまだまだで、
先の折り返しがどこなのかも分からない状態。どうせなら海っぺり走るコースを入れて欲しいと思ったけど、
横須賀の方まで行かないと無理か。
でも沿道の応援はやっぱりすごい!そんなコースでもペースが上がる。
そこを抜けて国道に戻ると道も広くて快適。ぐんぐん距離を稼ぐ。

そして38km地点。




何故か分からんが感無量になって涙が出てきた!おれやった!多分もう歩いても完走できる!
足の痛みもない!なんか分からんがもの凄い達成感!これがランナーズハイ?
まだ完走してなのに、なに?なんなのこれ!?俺ってできる子!!

みたいな自画自賛状態。


あっという間に消え去ったけどもこの感情。

しかしここから沿道の応援がすごい。

あと4km!!
もう少し!!
楽しんで走りましょう!!

なんて。調子に乗りやすいのでペースが上がっていく。
もう周りはB-Fグループがほとんど。たまにGグループがいると親近感がわいて一緒に走ってみたり。
5時間のペースメーカーはかなり前にパスした。

しかしだ。あと2kmからきつかった。
多分ペースあげすぎた。

あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!

あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!

まだぁー??って感じ。

あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
あと2km!!
もうすこし!!

まだぁーーー??

ようやくあと一キロ!

あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!

あと少しが長い!

あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あと1km!!
ゴールはすぐそこ!
あとすこし!
あ○し!!!

ん??オレ呼ばれた?ってこここで呼ばれても反応できんwいっぱいっぱいじゃw
いや応援に感謝感激。

そしてふと気づくとあと195mのアーチ!

まだ195m
195mの長いこと。長いこと。

そして、


そして、、、


ついに、、、、


ごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーる!

グロスタイム 4時間49分
ネットタイム 4時間26分

ネットタイムで4時間30分切れたので取りあえずオッケー!
ゴール後、放心状態で公園で寝転がって飲んだ一週間ぶりのビールの美味いこと!!

途中何回かなんでオレこんなことやってるの?楽しいのかオレ?
的な考えが何回も沸きだしてきました。正直きついし。足の痛みが出てたら棄権してたかもしれん。
しかし、しかしだね。1日しかたってないけどもう悪い思い出が消えてきてるのが恐ろしい。
これがマラソンか!?
昨日はラン仲間と三茶のヤキトンでいっぱい。
トライアスロンやらないのかとかウルトラマラソンがどうこう。
お店の大将もランナーらしくそんな会話が。。。

いや。ちょっと待て。やらんよ。やらん!
でもマラソンならって思ってる自分が怖い。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

おめでとうございます。お疲れ様。
走れちゃいましたねーw (尊敬)
それも遅くないし!

今から本腰入れれば東京五輪間に合いますよ
やっちゃいましょう!w



kamo #- | URL | 2015/03/19 21:05 * edit *

Re: タイトルなし

kamoさんこんにちは。コメントありがとうございます。

> 今から本腰入れれば東京五輪間に合いますよ
> やっちゃいましょう!w

なわけない!w

しかし、マラソンの依存性の高さは恐ろしいです。
あれだけ苦しかったはずなのに、既に楽しかったことしか思い出せない。
おそろしや。

came3 #- | URL | 2015/03/20 13:26 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://came333.blog4.fc2.com/tb.php/428-d586195f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。